シスコはセキュリティアップデートを読む

シスコは、ネットワーク上のアプリケーションへのアクセスを監視および保護するための適応型セキュリティの一環として、コンテンツセキュリティおよび制御セキュリティサービスモジュールを発表しました。 Cisco適応型セキュリティアプライアンス(ASA)5500シリーズ向けに設計されたこのモジュールは、ウイルス対策、スパイウェア対策、ファイルブロッキング、スパム対策、URLブロッキング、およびコンテンツフィルタリングを組み合わせたAnti-Xサービスを提供することを目的としています。

シスコはまた、ASA 5500シリーズのソフトウェアアップグレードを発表しました。アプライアンスと連携するCisco ASA 5500シリーズ7.1ソフトウェアは、デバイスごとに最大5,000の同時SSL VPNセッションを可能にし、リモートおよびモバイルワーカーにアプリケーションおよびネットワークリソースに安全にアクセスする機能を提供します。

アダプティブセキュリティは、最も野心的な課題の1つです。」シスコのDataCenter、スイッチングおよびセキュリティテクノロジーグループのシニアバイスプレジデントJayshree Ullalは述べています。

シスコは、ネットワーク管理の分野でも、Cisco Security Managerの新しいバージョンと、Cisco Security Monitoring、Analysis、and Response System(MARS)のアップグレードバージョンを導入しました。これらの拡張機能は両方ともシスコのセキュリティ管理スイートに統合することもできます。

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート

Cisco Security Manager 3.0は、特定の従業員だけが機密データにアクセスできるように、ポリシーを適用するデバイスからポリシーを分離する機能をIT管理者に提供するように設計されています。目標は、ネットワーク内の他のデバイスがそれらのポリシーを共有して適用できるようにすることです。

一方、MARSバージョン4.2は、シスコおよびシスコ以外のデバイスで発生するセキュリティインシデントを収集、相関、報告するように設計されています。このアップグレードは、第2四半期に出荷が開始され、$ 15,000から始まり、スイートの一部になるように設計されています。

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。