富士通は「グリーンデータセンターを箱に入れる」と宣言している

富士通の新製品「Primergy BX400」は、12月に出荷を予定している中規模企業のニーズに合わせて設計されたブレードエンクロージャシステムのエネルギー効率機能から始めましょう。

仕様書によれば、エンクロージャ内に最大8台のサーバブレードまたはストレージブレードを収容できる技術は、同等のインフラストラクチャよりも最大30%も電力を消費し、熱を少なくします。つまり、冷却するために必要な電力それもまた減少する。 Primergy BX400にはServerView管理ソフトウェアスイートが同梱されているため、ボックス内の緑色のデータセンターと呼ばれる内部の作業を簡単に確認することができます。また、業界標準の19インチラック(富士通または他のメーカー製)にも適合しています。

富士通は、ガートナーの最新情報技術ベンダーであるグリーンITを変革していることについて、丁寧に発表しました。富士通は、サプライチェーンが環境性能を向上させることを保証するという意味での努力をしているが、その技術がどのように運用の持続可能性に関心を持つ事業を変革するのに役立つかという長期目標を設定したことで高い評価を得ている。したがって、これはグリーン調達プロセスで検討する価値のあるベンダーです。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

Nvidiaは非営利の研究のためにAIスーパーコンピュータを提供

データセンター:IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「何十年にもわたって考えることができる、データセンター、Dellテクノロジーズ・リフトオフ:Dell、EMC、人工知能; Nvidiaは非営利研究のAIスーパーコンピュータを提供