ノキアとの契約後、マイクロソフトはフィンランドに250百万ドルのデータセンターを約束した。ではどこですか?

昨年、マイクロソフトは世界中の新しいデータセンターに数十億ドルを費やしましたが、フィンランドに建設される予定の250百万ドルの施設は未だに昼間の光を見ていません。

2013年9月、マイクロソフトは、ノキアのデバイスおよびサービス事業を買収する契約の一環として、同国における新しいデータセンターの計画を発表しました。フィンランドのサイトがGoogleとFacebookが既に北欧地域で構築してきた大規模なデータセンターに参加することを通知すると、Microsoftは、250百万ドル規模の施設が「ヨーロッパのMicrosoft消費者に役立つデータセンターの家」であると述べた。

しかし、1年半後に計画されていたマイクロソフトのデータセンターの建設は開始されていないようだし、250万ドルでシールを壊したこともなく、「新しいデータセンターが次の数年をかけて、時間の経過と共にさらに拡大する可能性を秘めています。

ノキアはこれに遅れをとって、残りの3つの事業戦略を策定している。

ラクナはフィンランドでは気づかれていません。 Microsoftは昨年、フィンランド南部のUusimaa地域の非公開の場所に小規模のデータセンターを開設したが、GoogleやFacebookの北欧のデータセンターと同じ規模になる可能性は低い。 Uusimaa地域は現在、Microsoftの本社である元Nokiaのオフィスの所在地であるEspooを主催しています。

1月に、フィンランドのアレクサンダー・スタッブ(Alexander Stubb)は地方のメディアに対し、政府はまだデータセンターを介してマイクロソフトと交渉していたが、施設の可能な場所には引き込まれないと語った。 「フィンランドのYLEはStubb氏の言葉を引用して「Microsoftと常に協力しており、今後もそうしなければならない」と述べている。 Stubbの事務所はコメントの要求に応じなかった。

マイクロソフトは250万ドル計画でも同様に静かである。 「フィンランドのdatacenter機能に投資することを2013年秋に発表しました。マイクロソフトは、Uusimaa地域へのデータセンター投資と継続的な容量拡大に取り組んでいます。これに対して、フィンランドのデータセンターでは、サービスはこのデータセンターから現在ホストされており、今後も提供される予定です。

現時点で開示する情報はありません。さらに、私たちは、お客様のデータに対する高いレベルのセキュリティが提供されるように、当社のすべてのロケーションに関する情報を開示していません。

フィンランドはノキアの買収後にマイクロソフトのモバイルR&Dハブになる、ノキアのフィンランドの祖国はマイクロソフトの削減のニュースを受けた、Microsoftのフィンランドへの投資には、データセンター

マイクロソフト社は、2億5000万ドルの施設がまだ建設されるかどうか、建設作業が始まったかどうかについてはコメントしなかった。しかし、マイクロソフトが現在、フィンランドのデータセンター財団の周辺で使用している言葉 – 「データセンター機能への投資」 – は、これまでの発表とは異なるものです。

ノキアの買収時にMicrosoftのCEOであったSteve Ballmer氏は、2013年9月、Microsoftが「欧州全体の消費者に役立つマイクロソフトの新しいデータセンターの本拠地としてフィンランドを選択した」と述べたとき、非常に明確でした。今後数年間で2億5,000万ドル以上の資本と業務を抱える」と語った。

マイクロソフト社の主要なデータセンターは、欧州におけるデータの安全な避難所となることを政府が望んでいることを考えると、フィンランドにとって大変なことです。

ヨーロッパの北部にデータセンターを置く利点の多くが作られてきたが、フィンランドはロシアにエネルギーを重視していることから、アイスランドやスウェーデンのようなライバルと比較して不利な立場にある。そして、第二に、そして潜在的により真剣に、それはスウェーデンに国際的な帯域幅に依存しています。

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

そのために、フィンランド政府は、ヘルシンキからドイツ北部のロストック・リブニッツ地域に超高速ブロードバンドを運ぶための1,100kmの海底ケーブルに一部資金を提供しました。ケーブルの建設が開始されましたが、計画された15Tbpsの容量を持つ新しいリンクは2016年まで完了しません。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結びつく