シスコ、マイクロソフト、EMCと政府のデータ提携

セキュア情報共有アーキテクチャ(Secure Information Sharing Architecture:SISA)と呼ばれるこの技術は、政府機関がコンテンツの紛失や盗難を防ぎながらより良いコミュニケーションを行うことを可能にすると同社は述べている。

情報を保護する技術は、歴史的にシステムごとに実施されてきたと同社は述べている。 SISAは、異なるコンピュータシステムのユーザが同じ情報にアクセスすることを可能にするネットワークを、政府機関が設定できるようにする。

一例はパンデミックに関するデータであり、さまざまな機関や民間セクターによって保管されている。シスコ、EMC、マイクロソフトは声明のなかで述べている。

パートナーは、プロジェクトの中核となる市販の技術を提供している、と彼らは述べています。原価見積は開示されていない。

クラウド、マイケル・デルがVMware社の会長に就任、仮想化、VMware社がvSphereを強化、ホライズン、ワークスペースONE製品のアップデート、ストレージ、ストレージが内向き:今日のアクションはサーバー内でSANではなくストレージであるデル合併投票

この提携の他の3社は、リキッド・マシン、スワン・アイランド・ネットワークス、カナダのタイタス・ラボです。アドックス・コーポレーションの経営コンサルティング・スペシャリスト、アライアンスを管理する。

マイケル・デル、VMware社の取締役会会長に就任

VMwareがvSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新

ストレージは内向きに見える:今日のアクションはサーバーの内側にあり、SAN上にはない

デルの合併の投票に先立ち、EMC Q2の売上高は横ばい