東ヨーロッパ:アウトソーシングホットスポット?

これはコンサルティング会社McKinseyによると、BPO業界は2008年までにこの地域の13万人の雇用を支援すると予測している。

東ヨーロッパには世界のBPO支出総額のうち、現在では300億ドルに過ぎない1%しかありませんが、この地域は西ヨーロッパ企業が2004年から2006年に投資する好立地の1つに浮上しています。

McKinseyは、ITに関するMcKinseyの冬号で、東ヨーロッパでBPO事業を展開する企業にとって3つの主な利点を特定しています。

同地域はインドと同等の低い賃金水準を提供し、低賃金インフレにより少なくとも15年間は経済的に競争力を維持する可能性が高いとみられる。

また、世界各地の競争地域と比較して、東ヨーロッパは、すでに確立されている信頼性の高いインフラストラクチャーのため、投資のリスクが比較的低い場所です。

もう一つのメリットは、地理的にも文化的にも西欧に近い地域であり、オフィスの設立プロセスをはるかに簡単にすることです。ドイツ語とフランス語の両方が広く話されている中で、他の言語と比べて言語障壁が少なくなっています。

インド、アイルランド、マレーシア、フィリピンなどの国々では、最近まで海外のBPO投資に好都合な場所がありました。

Silicon.comのTim Fergusonがロンドンから報告しました。

コラボレーション:今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか; CXO; CIOには誰が影響しますか? CXO、ITエグゼクティブデッキをシャッフルするANZ銀行、データセンター、デルタがシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル