AnyPerkは日本の企業特有のSaaSモデルを米国に持ち込む

小売業者は、小売業者のような有益な取引をするには小さすぎるので、小売業者は従業員を維持するための素晴らしい方法ですが、中小企業はそのような特典を提供することはできません。しばしば、これらの取引を管理する人事能力もありません。

シリコンバレーのあるスタートアップは、それが問題を解決したと考えている。 AnyPerkは米国の広範な商人と月額5ドルの契約を締結しており、顧客の従業員がこれらの取引をサイト上で管理できるようにすると述べている。

小規模の企業は、AnyPerkの巨大な収集された法人加入者プールを活用して、通信業者の割引、ジムメンバーシップ、スパや小売店のクーポンなど、より良い取引をした商人からのオファーにアクセスすることができます。

それはオンボードで飛ぶ小企業だけではありません。 AnyPerkは数百人の従業員を抱えるPinterestやZappos、2,000を超えるナスダックのInformaticaなどの顧客を誇っています。

今週のスタートアップのCEO、共同設立者の福山太郎氏に聞いてみると、この考えは西洋ではかなり新鮮だと言われましたが、日本では既に成熟しています。

日本の技術者は、日本の3億~4億ドル規模の市場に参加しているベネフィットワンのような公開企業を指摘した。 「これは日本で非常に成功しているビジネスモデルだが、ここでは始まったのですぐに動いている。

福山は6月にブルームバーグに語った。同社は、ほぼすべての顧客を拠点とする米国でのユニークな提供により、毎月30%増えている。

AnyPerkの提案は、少なくとも1週間前には、エンタープライズソーシャルネットワークのDrew Dillonの製品責任者を元にして、製品チームを率いることができた、日本の外ではとても興味深いものでした。 2012年にYammerを買収したMicrosoftに、AnyPerkが提供するサービスの種類が必要だと指摘し、Dillon氏は新しい雇用者になるとブログ記事を書いた。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、LinuxディストリビューションであるCloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより俊敏性を約束する、Cloud、Intel、Ericssonがメディア業界にフォーカスするためにパートナーシップを拡大する、Cloud、?XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bank

福山は2年前にSunny Tsangと共に会社を設立し、6ヵ月後に有名なY Combinatorアクセラレータプログラムに参加しました。 1年前にAndreessen Horowitz氏のような大手投資家が150万ドルの種子ラウンドに参加し、福山氏はすぐにシリーズAを上げる準備を進めているという。

シリーズAを手に入れたときの次のチャレンジは市場のリーダーになる」と語った。米国では、企業特典として、少なくとも30億米ドルの市場があります。

福岡は日本で育ち、エンジニアとしてシンガポールに1年間滞在してから、AnyPerkを開始するためにシリコンバレーに移りました。同社には現在25名のスタッフがいます。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携