シスコのCEO:第2のWebブームを支える仮想化

シスコのジョン・チャンバー最高経営責任者(CEO)は、90年代半ばに起きたインターネット革命の成長を反映する生産性の第2の時代をIT業界が享受できると予測しています。

Chambers氏は、サンフランシスコで開催されたVMworldの基調講演で、インターネットの生産性の「第2段階」は、仮想化、コンバージェンス、オンラインコラボレーションによって推進されると述べています。

「業界には根本的な変化があり、これまでに見てきた市場の移行よりもはるかに速く発生しています。

これは、あらゆるコンテンツへのアクセスの仮想化によって可能になる、コラボレーションの波です。これは、私が働く方法だけでなく、働く場所だけでなく、仕事そのものの性質を変える生産性の世代になると私が信じることを導くでしょう。

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート

Chambers氏によると、より強力な帯域幅機能と組み合わせることで、より効果的なコンピューティング・パワーの共有が「われわれの仕事の仕組みを再考する」と述べています。

Web 2.0はまわりにありました」と彼は言いました。しかし、シスコでは復讐しています。

ネットワーキングベンダーは、実行するプロジェクトの数を増やし、サーバーやアプリケーションへのアクセスだけでなく、人的資源へのアクセスを仮想化することで、買収や製品の発売を年単位で進めています。

シスコの最高経営責任者(CEO)によると、シスコはWeb 2.0コラボレーションツールとオンライン音声およびビデオを使用して、セールス、IT、エンジニアリング、ファイナンスなど、あらゆる部門のステークホルダーまたはスタッフを連携させるようになりました。

シスコは、顧客やスタッフがアイデアを会社に寄付するためのウィキを設定しています。またFacebookのようなプレゼンステクノロジーを使用して、社内の特定のトピックの専門家からスタッフが学ぶことができる「Ciscopedia」もあります。

「顧客や従業員のウィキには何千ものアイディアがあります。

シスコの最新の買収であるWebExは、幅広い企業に統合するのにわずか8日間しかかかりませんでした。 Chambers氏によれば、仮想化(ハードウェアからのアプリケーションの分離)とコラボレーションツールの力を証明しています。

Chambers氏はまた、シスコの200名のトップアナリストと前日に「バーチャル」会議の画像を見せてくれました。ビデオアナウンスで、コラボレーションツールとインスタントメッセージングを利用しています。

Chambers氏によると、仮想化とコラボレーションの組み合わせにより、昨年は2億ドルも節約されているという。

これはITが再びセクシーになる場所です」とChambers氏は言います。「これがITへの復帰です。

Chambers氏は、成功した企業はこれらの移行を捉える習慣をつくる必要があり、それを激しく乗り越える必要があると述べています。

90年代初めにインターネットはすでに30年も前からあったが、シスコの製品受注の90%はオンラインだった。そして、私たちの顧客サービスの90%は人間の介入なしに行われました。私たちは競合他社製品の3倍を販売していました。私たちにとって、業界にとっては大きな利点でした。

Chambersは、経済の成長がインターネットの第一波から得られる生産性向上を疲弊したため、ここ2〜3年で経済成長が減速したと述べた。

私たちはガスを使い果たしている」と述べた。これが、最高経営責任者(CEO)がITを経費項目と見なしている理由である。このシナリオを続けると、今後10年間は​​IT予算が横ばいで推移すると予想されます。

しかし、Chambersは、業界が3〜5%成長すると予想していますが、金融アナリストが予測している2%ほどではありません。

私は、仮想化、コラボレーション、およびコンバージェンスによって推進される第2段階のイノベーションを目指すと思います」「90年代半ばに起こったことと今後5〜10年間で同じ再生が見られると思います。

シスコ、コンテナのスタートアップContainerXを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。