AMD、6300シリーズ「Piledriver」Opteronプロセッサを発表

AMDは、クアッドコア、8コア、12コア、および16コアの部品を組み合わせた2.3GHz〜3.5GHzのクロック速度のOpteronプロセッサを発表しました。

AMDが発表したデータによると、これらの新しいプロセッサは、6200シリーズに比べて37%の「隆起」を提供する。これらのプロセッサはすべて、6200シリーズよりも高性能で優れた価格対性能比を実現する「Piledriver」というコードネームのAMDの第2世代モジュラー・コア・アーキテクチャーを搭載しています。

すべてのプロセッサは、32ナノメートルアーキテクチャを使用して製造され、ソケットG34 1944ピンLGAを搭載しています。それらはすべて、16 MBのL3キャッシュ、4つのHyperTransportリンク、1コアあたり2 MBのL2キャッシュ、DDR3-1600までのRAMをサポートするクワッドチャネルメモリコントローラを備えています。

エンタープライズ・ユーザーにとっては、新しい6300シリーズ・パーツの1つの機能は、既存のプロセッサーとのソケット互換性です。これは、新しいプロセッサが、「Bulldozer」Opteronシリーズのドロップイン代替品であり、同じTDPレベルを維持しても、高効率(HE)16コア部分以外のすべてで115Wから140Wの範囲にあることを意味します。これにより、企業は既存のハードウェアの寿命を延ばすことができます。

紙でさえ、これらのプロセッサーには黒い傷があります。新しいプロセッサは約7〜8%の性能向上を実現しますが、従来のシリコンに比べて約10%のコストアップにつながります。節電が考慮されている場合でも、これらの部分が強い価値を提供することは明らかではありません。

この発表は、AMDがサーバプロセッサ向けにARM技術のライセンスを取得したことを発表したことを歓迎するものです。 AMDは、2014年に始まるARMのCortex-A50シリーズの設計に基づいて、64ビットのサーバ・プロセッサを製造する計画です。

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

プロセッサー、4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発表、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットにより強力なチップの需要が生まれる、データセンター、NVIDIA、バーチャルGPUの監視、分析、ハードウェア、AMDがZenとIntelの優位性を打ちのめす

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す