Geniusワイヤレスマウスはバッテリーを使いません

私は台湾のテクノロジー会社Geniusから、DX-ECO BlueEye Mouseと呼ばれる電池のないマウスについて聞いたことがありますが、Logitechのソーラーパワーのワイヤレスキーボードには魅了されています。

製品仕様書によると、マウスはバッテリーの代わりに充電式金コンデンサを使用しています。コンデンサは約3分でmicroUSBコードで完全に充電されます。 Genius BlueEye DX-ECOの製品資料には、コンデンサの充電時間は記されていませんが、最大10万回の充電が可能です。

このデバイスは2.4 Ghz無線通信技術を使用しています(つまり、USBスロットが必要なPicoレシーバを使用する必要があります)。それは約50フィート離れて通信することができます。スクロールボタン、DPI設定を調整するボタン、ページ間(前後)をクリックするボタンなど、ボタンや機能の不足はありません。この製品は、Windows 7、Vista、XPをサポートし、Macintosh OSX 10.4以降で動作します。

DX-ECOの小売価格は$ 39.99です。私は、通常の小売用の容疑者のいずれかで販売するためのマウスを見つけることはできませんでしたが、同社は多くの人と関係を持っているようです。

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

A10 Fusion:Appleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plusを強化するシリコン

iPhone;再販のためにiPhoneを安全に拭く方法;エンタープライズソフトウェア;甘いSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを握っている;ハードウェア; Raspberry Piは1000万回の売上を誇り、プレミアムバンドル、iPhone、A10 Fusion:シリコンがAppleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plus