サムスンのシェアが世界的に衰退する中、中国のスマートフォン買収による暴落

スマートフォンの販売台数は世界的に増加し続けているが、中国は最初にデバイスの購入を落とした。

アナリストのガートナーによると、今年第2四半期の世界的なスマートフォンの売上高は、前年同期比13.5%増の3億3000万ドルに達した。しかし、中国は同じ期間に4%の売上減を見た。

ガートナーのリサーチディレクター、アンシャル・グプタ(Anshul Gupta)氏は、「中国市場は飽和状態に達している。

HuaweiがAppleよりも先に進んでいるので、Xiaomiは中国で一位の地位を回復した。

iPhone;再販のためにiPhoneを安全に拭く方法;エンタープライズソフトウェア;甘いSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを握っている;ハードウェア; Raspberry Piは1000万回の売上を奪い、「プレミアム」バンドル、iPhone、A10 Fusion:シリコンがAppleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plus

世界で最大のスマートフォン市場である中国では、スマートフォンの購買率の低下が目立つようになり、スマートフォンの販売台数の世界的な成長率は低下しました。全体として、売上高の伸び率は2年間で最低レベルまで低下しました。

スマートフォンメーカーの市場シェアも揺れ動いている。一方、サムスンは21%以上のシェアを持つ最大のプレーヤーであり、昨年より4%ポイント低下した。サムンンの闘いの恩恵を受けているのは、サムスンのファーブルではなく、大画面のiPhoneを購入するバイヤーの割合が14.6%と2%増のアップルだ。 Huaweiも2%前後の利益を上げた。第3位のメーカーは現在、スマートフォン市場の7.8%を占めている。

「ハイエンド部門のAppleの2桁成長は、ライバルのプレミアム電話販売と利益率に悪影響を及ぼし続けた。多くのベンダーは、ミッドレンジとローエンドのスマートフォン部門で競争力を維持するためにポートフォリオを再編しなければならなかった。 2015年後半に計画されている新しいデバイスの在庫をクリアするための価格競争と割引を実施しています。

スマートフォンとフィーチャーフォンの両方を集計したモバイル市場全体でも同様のシェアでした。

第2四半期に販売された4億4,600万台のうち、19.9%がサムスン(2%ポイント)に、10.8%がアップル(2.8%ポイント)に入った。

スマートフォン市場とは異なり、Huaweiは4位を獲得し、ブロンズの地位をMicrosoftに譲った。ノキアのデバイスとサービスを購入した後、マイクロソフトはフィンランドの重要なフィーチャーフォン事業を引き継いだ。第3四半期中、Microsoftは市場の6.2%を、Huaweiの5.9%をわずかに上回っていた。しかし、それは昨年より3.7%ポイント低下している。

ノキアの買収以来モバイル市場で大きな勢いを見せている闘争の末、今年のマイクロソフトCEOのSatyda Nadellaは、同社がスマートフォンから歩み始めると発表した。

「最近のMicrosoftのモバイルハードウェア事業の縮小を踏まえ、スマートフォン市場における長期的な取り組みの兆候を待つ」とGupta氏は語った。

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

A10 Fusion:Appleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plusを強化するシリコン