クックは中国のiPhoneセキュリティを安心させる

アップルのティムクックCEOは、情報通信分野の協力を深め、ユーザー情報セキュリティを保護するなどの問題について、水曜日に北京のマカイ副首相と会談した。

この会議の詳細は入手できないが、同じ日に発表されたMydriversのレポートによると、情報セキュリティは間違いなく最も重要なトピックの1つであると指摘した。特に中国の通信機関が、本土。

iPhone 6に販売証明書を与えた産業情報省(Ministry of Industry and Information Technology)の声明によると、当局は明らかに、iOSに潜在的に個人情報が漏洩するなどのセキュリティ上の問題を抱えているという。

同省は、iOSデバイスによって接続され認可されたコンピュータを第三者が制御することができ、メンテナンススタッフが3つの舞台裏サービスプログラムを通じてユーザーのデータにアクセスできるようにすることで、個人を配置できるという2つの状況下でiOSセキュリティが侵害される可能性があることを発見したプライバシーが危険にさらされるとの声明を発表した。

クラウド、コネクテッド、クラウド時代にはより良いネットワークが必要クラウド、Huaweiはクラウドゴールで強気だが、スマートフォン、ZTEがクラウドソースデバイスの投票に参加、Axon 7 Miniを発表

アップルは、「ユーザーの安全とプライバシーの保護をさらに強化する」対策を講じており、そのサービスやデバイスにいかなる政府も「バックドア」を設定していないし、決してしないと答えた。

新しいiPhoneは、本土の特別管理地域である香港での発売から1ヶ月後、10月17日に本土の顧客が利用できるようになりました。

同じ日に国営メディア新華社通信が発表した以前の報告によると、中国の調査対象ネチズンの約20%だけができるだけ早く電話を購入したいと考えている。

iPhone 7のpricetagsが中国の販売を妨げる可能性がある

接続されたクラウド時代にはより良いネットワークが必要

Huaweiは雲の目標を強気にしているが、

ZTE、crowdsourcedデバイスの投票を開始、Axon 7 Miniを発表