インターネットユーザーには独自の権利書が必要ですか?イタリアは道を開くことを望んでいる

それは時間との戦いだったが、昨年7月、イタリアの議会議長、ローラ・ボルドリーニ氏が任命した特別委員会は、インターネットの権利請求書を作成して12ヶ月以内に文書を届けようと約束した。

昨日、最終版は、ウェブ利用者の権利と義務を定義するための基盤となることを意図したもので、「インターネット権利宣言」の名の下、正式に公開された。

第1草案は昨年10月に委員会によって明らかにされた。委員会はすべての国会議員と現場の独立した専門家から構成された政治家で構成され、その後4ヶ月の公開協議の対象となった。

このドキュメントの初期のバージョンでは、匿名性、プライバシー、ネット中立性がイタリアのWebユーザーの権利の中心に置かれていますが、誰もが満足できるわけではありません。

Boldriniが提供したデータによれば、このドラフトは14,000回アクセスされ、590件のコメントを受けたが、そのような重要なトピックについてはそれほど多かったわけではないが、これはほぼ3分の1の人口はインターネットを一度も使用していません。

しかし、量的に欠けていたものは、質の面で優れていました。H3G、Wind、Telecom Italiaのような通信事業者からConfindustria Digitale(すべてを扱うイタリア起業家協会の支店)まで、多数の関係者とのインタビューが予定されていましたデジタルのもの)、弁護士やサイバーセキュリティ専門家など、デジタル変換に深くかかわっている分野に属する人々が含まれます。

これらのすべてのプロセスの結果は、宣言が合理化され、その荒い縁が平滑化されたことであった。特に、最も論争の的な点の1つであるネットの中立性に関する記事。

法案の原案には、ネット中立性を「インターネットの創造力を維持し、またイノベーションを生み出すために」維持する必要性が示唆された。

ウェブの規制:インターネットには独自の請求書が必要なのか?ネット中立性は法律になる可能性がある – インターネット利用者がむしろオプトアウトするのでなければ、イタリアのサイト閉鎖法が発効する:パイレーツ湾に対する脅威、オンラインでの呪い自由?

最終版では、その文章は削除され、「インターネット全体への中立的アクセス権は、個人の基本的権利の有効性のために必要な条件である」という句が残されています。

法案の文言は偶然の問題ではなく、FacebookのInternet.orgに直接言及していないが、例えば、世界全体がそのようなプラットフォームを参照できることは明らかである。 Internet.orgは、開発途上国のユーザーにインターネットアクセスを提供すると主張していますが、代わりにそのサイトを選択するだけです。このようなサービスは、法案の原則に従って、受け入れられません。

パブリックコンサルテーションからの提案が考慮され、いくつかは最終版に含まれていました。たとえば、最初のバージョンでは「個人的なアイデンティティ」を書いたが、インターネット上の人々はいくつかのアイデンティティーを自由に保つべきだと指摘したので、複数の名詞を使用した。トリノの政治家であるネクサ・インターナショナル・アンド・ソーシャル・センター(Nexa Center for Internet and Society)は、権利法案のメンバーであるフアン・カルロス・デ・マーチン(Juan Carlos De Martin)がウェブサイトに語った。

もう1つの重要な変更は、宣言の第2条に「インターネットへのアクセスはすべての人の基本的権利であり、個人および社会の発展の条件である」という段落の導入であった。

エストニア、フィンランド、ギリシャ、エクアドル、スペイン、フランスのようなインターネットアクセスがあらゆる市民の根本的権利であると考えられる国はありますが、イタリアはその中には存在しないため、宣言が法律を改正することを目的とした提案の根拠となる有用な枠組みとしてMPによって使用されているが、それはすでに現在の景観に何らかの肯定的な影響を与えていたであろう。

これまでのところ、実際には、文書はそれが約束するものであり、意図の「宣言」であり、実際の規範的価値はない。 Boldriniと議会は、それを何かに変えていくつもりです。それは、政府が、インターネット関連の交渉に参加したとき、国家レベルまたは国際レベルで、その原則をガイドとして採用するというコミットメントです。

しかし、イタリアの野望はそれを超えて進んでいます。目標は、World Wide Web Foundationの助けを借りて、ウェブユーザーの権利と義務を定義するためのモデルとして宣言を世界的に宣伝することです。

イタリア委員会を率いたこの分野の国際的に認知された専門家であるStefanoRodotàとWWW財団の創設者であるTim Berners-Leeが、インターネットガバナンスフォーラムの他の代表と11月にブラジルのジョアペソアで開催されます。

それ以前は、国内外の支持者から批判の声が上がった後、文書は改善され、さらに微調整されるかもしれない。ある宣言者は、宣言がインターネット上での言論の自由の問題を適切に扱っておらず、アイデアを表現できるという接続性を混乱させると考えている。

その他の者は、匿名性を保護するための暗号の参照がないことを批判した。 De Martin氏は、「宣言は、「すべての人が匿名性を保護するために、技術的なシステムを含む手段を使ってインターネットにアクセスし、電子的に電子的に通信する」と明言している。今や暗号化は重要であり、将来、他の解決策が出現する可能性がある。

ワールドワイドウェブ基盤自体は完全には思われないと思われ、イタリア委員会の作業を称賛し支持する一方で、「匿名性と暗号化を保護するには不十分だが、データ保持に関する条項は不明」と考えている。

しかし、この文書は全体的に非常に肯定的な評価を受けており、イタリアのインターネットユーザーの権利に対する最終的な影響と、現在国際的に行われているインターネットガバナンスの議論への影響は、それを起案した人々の手の届かない範囲、世界の舞台に影響を及ぼすイタリアの外交能力、これまで行われた良い仕事を無駄にしない議会の意欲。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

ブラジルのパラリンピックは技術革新の恩恵を受ける

ブラジル政府がWazeを禁止する可能性