アップル、最新のサプライヤーの責任報告

アップルは、未成年労働者や非自発的労働の事件、文書の改ざん、監査に参加している労働者に対する脅迫、報復、生命を危険にさらしている労働条件、重大な環境への影響について調査しているSupplier Responsibility 2016 Progress Reportを発表しました。

毎年、巨人は前年度の監査結果と是正措置の結果を示す進捗報告書[PDF]を発行しています。 Appleは、施設を評価しながら、iPhoneメーカーがゼロ耐性を持っていると主張しているという重大な違反も探し求めていると述べた。

大企業は、製品を作る正しい方法があります。それは、それを作る人々の権利から始まります。

AppleのシニアバイスプレジデントであるJeff Williams氏によると、2015年にAppleは640の監査を実施し、160万人以上の従業員を対象とし、20カ国の自社サプライヤーを監査しました。

ウィリアムズ氏は次のように述べています。「Appleでは、サプライチェーンの誰もが尊厳と尊敬を持って対応できるように心がけています。

Appleによると、発見された違反はアップルの上級管理職に伝えられ、すぐに対応されます。違反行為は、しばしば地方自治体にも報告されていると報告書は指摘している。

コア違反は、サプライヤーとの取引関係に悪影響を及ぼし、契約終了につながる可能性がある」と述べている。

Appleの2010年のレポートによると、一部のサプライヤーは、児童労働を使用し、他の懐疑的な慣習を実行することで、同社の「サプライヤー行動規範」に違反していることが明らかになりました。 2011年、アップルは10施設で91人の未成年者を発見しました。アップルは2015年に3施設の未成年労働者を1施設で明らかにし、サプライチェーン内で児童労働を探し続けると述べた。

Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの発売を見出し、iPhone 7、新しいApple Watch、AirPodを手がけ、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収

未成年労働者の監査された施設の数は、2014年に6件から2015年には1件に減少した。

Appleは3人の未成年者が15歳で、雇用を保障するためには16歳の人がいることを明記する現地法があると述べた。

「サプライヤーの工場で未成年の労働者が見つかった場合、サプライヤーは家に戻って家族の選択した学校で教育費を払い、法的就労年齢に達するまで基本的なニーズに収入を提供し続けます”と報告書には述べている。

私たちはまた、子どもの進歩を監視し、私たちに報告するための第三者機関を募集しています。彼らが教育を修了した後、サプライヤーは再雇用を提供しなければなりません。

スマートフォン; iPhone 7:なぜ今年のモデルで大成功を収めるのかApple; Appleのように、Appleは本当に陳腐化した技術を捨てるために必要な「勇気」を持っている;移動性;新しい動きで、Appleは週末のiPhone 7の販売、革新、Appleのファッションギャンブルの失敗

2015年には、Appleのサプライヤー間の勤務時間の順守が97%に達しました。これは、業界では事実上知られていない数字でした。

また、2008年以来、920万人以上の労働者が権利を訓練されており、140万人以上がアップルの教育プログラムに参加しており、過度の募集費用は2560万ドル以上がサプライヤーによる外国請負労働者に返済されている彼らの努力の結果。

2015年に、Appleのサプライヤーは、不公平や過度の募集費用で契約した労働者に返済するために、470万ドルを支払った。

Appleは2008年以来、230万人以上の労働者がその行動規範とその権利について訓練され、それ以来サプライヤー従業員教育開発(SEED)プログラムを拡大するために何百万ドルも投資したと述べた。

SEEDは現在、23の施設に48の教室を超えており、すべてiMacコンピュータ、iPad、教育ソフトウェア、ビデオ会議システムを備えています。 2015年には、多くのSEED参加者が地元の大学と提携して学士号または準学士号を取得しました。

また、同社のサプライヤーは、埋立地から73,000トン以上の廃棄物を流用したと報告しているが、そのクリーンウォータープログラムは38億ガロン以上の淡水を節約しており、エネルギー効率プログラムの初年度には、 13,800メートルトンの炭素排出量。

この技術巨人は、責任ある調達に尽力しており、錫、タンタル、タングステン、金などの製品に使用されている鉱物が武力紛争に資金を供給しないことを保証するよう努めている。

Appleは、5年間の努力を経て2015年12月に、現在の製品のサプライチェーンにおける特定された製錬所や精製業者の100%が、独立した第三者紛争鉱物監査プログラムに参加していると述べた。

これは重要な画期的なものであり、自社製品の「紛争解決」を宣言する根拠としていくつかの企業に見られるかもしれないが、第三者監査プログラムだけでは不十分だと考えている」と述べ、サードパーティの監査を完了した製錬所には、武装集団に関与しているとされる鉱山から供給される鉱物が含まれているためです。

2月に、バプテスト・ワールド・エイドは、56のテクノロジー企業が人権に焦点を当て、労働者を搾取から守るために、いかに倫理的かつ持続可能な方法で製品を製造しているかを評価した報告書を発表しました。

2016年のエレクトロニクス業界動向レポートでは、エレクトロニクスサプライチェーンの主要製造段階で測定されたA to Fグレーディングシステムを使用してエレクトロニクス企業を調査しました。原材料レベルでの鉱物の抽出、投入レベルでの製錬および精製、製品の最終的な製造。

Acer、Apple、BSH Group、Intel、LG Electronics、Microsoft、Motorola Mobility、SamsungはB +グレード、Garmin、HP、Motorolaを受け取った企業はいなかったが、Hisense、Palsonic、Polaroidはいずれも成績​​を上げなかった。 、フィリップス、そして東芝はB社、B社はBlackBerry社、Dell社、Dick Smith Electronics社、Electrolux社、Panasonic社、およびRicoh社に戻った。

資本ブランド、GoPro、Haier、JVC Kenwood、Kogan、LeicaカメラAG、Soniq、Sunbeam、TEAC、VorwerkなどのD社と失敗した直後、DysonはDを、D +はAmazonをArcelik AS 、Canon、Fujitsu、HTC、Huawei、Lenovo、Oracle、Whirlpoolなどがあります。

Breville、Ericsson、Olympus、Tom TomはC + + Asus、DeLonghi、Hitachi、Nikon、Sony a C、Google、Kodak、Nintendo、SharpはC-

「B +の範囲でさえ、いずれの企業も原材料がどこから来ているのかを知っていたわけではありません.Gershon氏は、サプライチェーンのレベルを把握しておらず、 Nimbalker、Baptist World Aidのアドボカシーマネージャー。

子どもの鉱夫は、特にコンゴ民主共和国やフィリピンのような国では、エレクトロニクスサプライチェーンの大きな問題です。

人権活動組織アムネスティ・インターナショナルはまた、コバルト鉱山における子鉱業の問題を​​示した報告書を発表しました。コバルト鉱山では、しばしば電子機器のバッテリーに遭遇します。

アムネスティ・インターナショナルのビジネス・人権研究者Mark Dummettは、次のように述べています。「最先端テクノロジーの魅力的な店舗の展示とマーケティングは、岩の袋を携えている子供たちとははっきりとは対照的であり、狭い人工トンネルの鉱夫が永続的な肺の損傷を危険にさらします。 。

何百万人もの人々が新技術のメリットを享受していますが、それがどのように作られているのかはめったにありません。ビッグブランドが収益性の高い製品を作る原材料の採掘にある程度の責任を負ったのは、時代です。

アップル、HP、サムスン、マイクロソフト、レノボなどの大手エレクトロニクス企業は、児童労働者が採掘したコバルトが自社製品に使われていないことを確認していないとアムネスティは述べた。

アムネスティの報告書に掲載されているすべての企業は、児童労働に関する「寛容のないポリシー」を持っていると述べているが、同社の約束は「サプライヤーを調査していないときに書かれた論文の価値がない」と述べた。

iPhone 7:なぜ私は今年のモデルでついに大きくなるのですか

そうであってもなくても、Appleは本当に時代遅れの技術を排除するために必要な「勇気」を持っている

新しい動きで、Appleは週末のiPhone 7の販売開始を明らかにしない

アップルのファッションギャンブル失敗