デルの第2四半期:ターンアラウンド・テールのもう一つの柱

デルは、市場終盤の第2四半期の業績を発表し、消費者向けノートブックの設計の改善、新興市場の収益と堅調なサーバーの売上成長の中で、アナリストらは同社の反転見通しについて楽観視している。

デルはトムソン・ロイターによると、第2四半期の収入は1株あたり36セントで、売上高は15億5,500万ドルとなる見通しだ。デルは財務上のガイダンスを提供していないが、ウォールストリートは第3四半期に167億ドルの収入で41セントの収益を期待している。

アナリストらは、デルの見通しについて明るくなってきており、IDCのサーバー統計は、同社が適切な道筋をたどっているという一般的な考え方を強化するだけだった。

収益レポートの先にあるベビーシートがあります

銀行業務;•モバイル決済、ファインテイノベーション、バークレイズとパートナーシップを組んでいるCommBank、セキュリティー、Hyperburgerプロジェクトはギャングバスターズ、CXO、テクノロジーエグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank、銀行、国際送金のブロックチェインシステムをテストするVisa

サーバーの販売は予想よりも良いと予想されています。ルイス・ミスコシア氏は、デルのサーバー収益は約17億ドルでなければならないとしているが、売上高は15%増の18億7000万ドルとなる可能性があるという調査ノートを発表した。その増分収益は、利益に1ペニーのシェアを追加する可能性があります。また、HPはサーバの売り上げが好調で、DellはSMBと新興市場でのライバルを獲得している。中小企業や新興市場は、Dellの成長エンジンです。実際には、デルが推定値を上回る場合、その2つの市場の可能性が高いでしょう。 Misciosciaはウォールストリートでより強気で、コンセンサスの見通しをはるかに上回る162億ドルの収益を見込んでいます。デルは最近、限定された構成の新興市場向けに4つのSMB対応ヴォストロPCを発表しました。デルはまた、ビジネスユーザーに焦点を当てた新しいLatitudeラインナップを発表した。

コスト削減の進展。全米のアナリストは、Dellが営業経費削減の進展と密接に関係しており、同社からのレイオフを予想している。しかし、コスト削減は四半期の積極的な価格設定によって相殺される可能性が高い。新製品のマーケティングを怠ると、Dellは営業利益を削減することができます。クロスリサーチのプレビューで、「当社の見積りは、積極的な価格設定、商品価格の正規化レベルへの戻り、小売チャネルによる売上高の増加により、18.1%の売上総利益率(前年同期は187bps)を反映している。

小売チャネルの棚スペース。最近の四半期にデルがチャネルを襲ったが、それが棚のスペースを獲得していることは明らかではない。 UBSアナリストMaynard Um notes

最近の小売チャネルのチェックでは、主要な小売業者のPCの棚スペースにシフトはなく、HPは支配的であり、デルは依然として多くの主要な米国の小売業者でかなり限定されたSKUを保有しています。小売店の小切手が世界市場を代表するものではないことを認識していますが、これらの小切手は地域チャネルの存在感を念頭に置いていると考えています。最近の製品の紹介とその戦略を考えれば、デルは米国の小売チャネルでのプレゼンスが今後の四半期に増加すると考えています。

さらに、デルは、消費者向けの販売とデザインに強い意欲を示している可能性が高い。 Dellは製品の欲望を生み出すという目標に向かって多くの進歩を遂げました; Dellのソフトウェア計画のいくつかの色。デルは静かに、特にソフトウェアとしてソフトウェアとしてのビジネスを構築している。また、Salesforce.comのforce.comプラットフォーム上で開発し、Vistaを調整してより美味しいものにしています。焦点は明らかにハードウェア上にあるが、デルのソフトウェア計画の段階的な色は注目に値する。

アナリストは、一般的に、消費者のピーク時の販売シーズンに先立って、小売業の売り上げを上回り、最近になって大量の株式を買い取ったCEOのマイケル・デル氏が好調に推移すると予想している。デルはまだ進行中ですが、正しい方向に向かっているようです。

?CommBankはモバイル決済、fintechイノベーションのためのBarclaysと提携

Hyperledgerプロジェクトはギャングバスターのように成長しています

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

国際送金のブロックチェインシステムをテストするためのビザ