アドビは、第4四半期の好調な収益で年度を終え、デジタルメディアに注力

アドビは、ウォールストリートと、2011年の第4四半期の高い収益と売上高の増加を背景に、年を切るという独自の期待を上回る結果を達成しました。

アドビは第4四半期の純利益を173.7百万ドルとし、1株当たり利益は35セント(声明)とした。非GAAPベースの収益は、1株当たり67セントで、前年度の売上高の14%増の11.52億ドルでした。ウォール街は、売上高10億8600万ドルに対し、1株当たり60セントの利益を期待していた。

アドビはこれまで、10億7500万ドルから11億2500万ドルの範囲のものを期待していました。

2011年のAdobeは、前年度比11%増の42億1600万ドルの収入を達成し、2010年の3,800万ドルと比べてはるかに印象的です。年。

2011年度のGAAP希薄化後1株当たり利益は1.65ドル(2010年は1.47ドル)でしたが、2011年度の非GAAP希薄化後1株当たり利益は2.35ドルでした(2010年は1.93ドルから増加)

おそらく、FlashからHTML5に向かう動きは、Adobeが追いつくべき戦略です。

アドビのCEO、Shantanu Narayenの社長は、準備された発言で説明した

Q4および2011年度のAdobeの業績は、デジタルメディアおよびデジタルマーケティング事業の業績が好調に推移したことによるものです。当社は、これら2つの大きなカテゴリーの市場リーダーであり、収益と収益の大幅な伸びを達成することを目指しています。

2011年の純利益はGAAPベースで832.8百万ドルであったが、営業活動によるキャッシュフローは4億9,680万ドルであった。 Adobeは2011年に15億ドルのキャッシュフローを創出しました。同社は当年度に2180万株を買い戻し、株主に約695百万ドルを返済しました。

見通しについては、2012年第1四半期末にアドビは10億2,500万ドルから10億750万ドルの収益を、非GAAPベースの収益は54億5900万ドルと予測しています。

2月28日に終了した第1四半期のウォール街では、売上高10億5,000万ドルに対し58セントのシェアを見込んでいる。

2012年度のAdobeは、年率4%〜6%の控えめな収益成長を目指しています。アドビはまた、GAAPベースでは1.70ドルから1.83ドル、非GAAPベースでは2.37ドルから2.47ドルの範囲内になると予測しています。

数字で

Adobe Flash Player:Adobe Flash Player:Adobe Flash Player:コード実行ホールをプラグインするAdobe Flash Player:Adobe Flash Player:Adobe Flash Player、モバイル用プラグイン

コラボレーション:今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleは9月13日にiOS 10、9月20日にmacOS Sierra、Enterpriseソフトウェア、マイクロフォーカスに88億ドルで「非コア」ソフトウェア資産をオフロードする

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする

HPEは、非コアのソフトウェア資産をMicro Focusに88億ドルで売却する