CES 2016:AT&Tが開発ツールをアップグレードして、ビジネスの魅力をInternet of Thingsに

LAS VEGAS —物事のインターネットは騒々しい言葉かもしれませんが、今週の年次コンシューマーエレクトロニクスショーのように技術と勢いは増し続けています。

その他のCES 2016

仮想現実は5つのハードルに直面し、サムスンのスマートTVはすべてIoT互換、CESの最もクールなロボット動向、今年の奇妙で素晴らしい、そして最悪の技術を理解するIoTが中心的な役割を果たすので、セキュリティは失われるCES 2016を支配する方法

ショーフロアには、IoTを搭載したデバイスやアプリを1つのユースケースで運営している何千もの小規模企業が浸水していますが、IoTの将来は、ネットワークプロバイダがこれらの接続を可能にするかどうかによって決まります。

AT&Tのモバイル&ビジネスソリューション部門のCEO、ラルフ・デ・ラ・ベガ(Ralph de la Vega)CEOは、火曜日の朝、同通信事業者のデベロッパーサミット(Developer Summit)で、「Industrial Revolution 2.0」だ。

データ管理、オープンデータを世界にもたらすGODAN、ビッグデータ分析、DataRobotはデータサイエンスの低懸念の果実を自動化することを目指す、クラウド、コネクテッド、クラウド時代はより良いネットワークが必要ストレージ、FacebookオープンソースZstandardデータ圧縮アルゴリズムZipの背後にあるテクノロジーを置き換える

AT&Tは月曜日に発表された新しいレポートで、2020年までに500億の「もの」や接続されたアプリやハードウェアがつながり、スマートフォンからのデータを信号灯やそれ以上に共有することを期待していると改めて発表した。

AT&Tモビリティ部門のInternet of Things SolutionsのシニアバイスプレジデントであるChris Penrose氏は、接続された製品の単なる数だけでも、企業や消費者と同様に混乱を招く可能性があることを示唆していました。

私たちの目標は、混乱を明瞭に置き換えることです」とPenrose氏は準備的な発言で書きました。

AT&Tは現在、世界のほぼすべてのFortune 1000企業を含む、約200カ国の約350万のビジネス顧客を対象としています。

昨年だけでも、AT&TはInternet of Thingsアプリケーションを扱う300の新しい契約を締結し、2015年の第3四半期末までに約2,500万の接続デバイスにAT&Tを結びつけました。

AT&Tは、IoTのためにもたらされた様々な異なる作業負荷のために設計された新しいLTEモジュールのコレクションを飛び越えて、月曜日にCESの正式な開始より前にボールを転がしました。

全米第2位のモバイルプロバイダーは、ネットワーク接続されたIoTデバイス用のM2Xデータサービスやフローデザイナー統合のオープンソース開発環境など、CESの中で開催された昨年のDeveloper Summitで公開された開発ツールの更なるアップデートを追ってきました。

昨年、AT&Tはクラウドに格納された5万台のデバイスと4億台のデータレコードを追跡して、データサービスだけで400以上の改善を達成したことを誇りに思っています。

AT&Tはまた、Salesforceとの提携を利用して、M2XをCRMの巨大サービスクラウドに接続し、事前に構築されたワークフローを通じてチケットをルーティングしています。また、開発者は、IoTアプリケーションの構築と展開にSalesforceが所有するHeroku Platform-as-a-Serviceを利用するように指示されています。

また、クラウドベースのフローデザイナーは現在、商業的な顧客に商用化されています。

AT&Tは、ゲートウェイやルータなどのエッジデバイス上のローカルプロセッサをサポートするために、Flow Edgeと呼ばれるベータ版の新しいネットワーキングサービスも展開しています。

De la Vega氏は、すべてが接続され、データ分析が顧客サービスと人々の生活を向上させる世界について語ることを約束しました。「M2XとFlow Designerは、私たちが働く方法と将来の生活に大きな影響を与えます。

GODAN、公開データで世界に栄養を与える

DataRobotは、データサイエンスの果実の低さを自動化することを目指しています

接続されたクラウド時代にはより良いネットワークが必要

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す