FireEye、APACの「米国同盟国」に焦点を当てる

米国のセキュリティベンダーであるFireEyeは、アジアのいくつかの先進国および発展途上国市場でのプレゼンスを拡大しようとしていますが、脅威者に製品を販売することを避けるために中国とビジネスを行うつもりはありません。

FireEyeアジア・パシフィックのマネージング・ディレクターであるDoug Schultz氏によると、同社は4つの主要市場を考慮して、日本、オーストラリア、韓国、そしてマルウェア研究に多くのリソースを投入し、その製品。

シュルツ氏は、火曜日のインタビューでウェブサイトアジアに語ったところによると、これらの4つの市場で「強力な成功」を見せ、FireEyeの大きな取引と収益を生み出すことに焦点を当てている。さらに、これらの市場におけるITセキュリティに焦点を当てたのは、政府の法律や企業セキュリティツールの面でも、かなり強力です。

他のアジア太平洋市場では、台湾、東南アジア諸国、インドに拡大する計画だという。 FireEyeがビジネスをさらに発展させる機会を提供する地方企業の急速なセキュリティ意識の高まりにより、これらの市場は急速に成長していると同氏は指摘する。

中国への製品販売はないが、FireEyeは自社製品を中国に売却する計画も、サイバー戦争やスパイ活動のリスクを負っている特定の国家に入る計画もない、とシュルツ氏は指摘する。

具体的には、アジア市場の顧客で、ITセキュリティベンダーがマルウェアに対する予防と防御のために製品と知的財産(IP)に依存して拡大したいと述べた。彼が注目したこれらの「米国の同盟国」は、ターゲットとするアジア市場を指しており、配備する製品とIPが保護され、「良好な状態」であることを確実にしたいとしており、FireEyeはその製品を潜在的な脅威の俳優彼は指摘した。

「私たちが製品を誰に販売するかについては、非常に勤勉でありたい」と語った。

中国の通信機器メーカー、Huawei、ZTEは、米国下院情報委員会が発表した報告書を発表した後、火曜日に火災に遭った。これらのITベンダーは米国企業にセキュリティ上の脅威をもたらし、米国企業や政府機関にそれらとのビジネス。

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応

APACの高度なマルウェアの増加、2013年にアジア太平洋地域のセキュリティー環境がどのように予測されるかを尋ねたシュルツ氏は、高度なマルウェアが増加すると指摘しました。検出することができます。

伝統的な迷惑メールや電子メール、スピアフィッシングなど、アジア以来の攻撃の大部分を占めており、スパムやフィッシングの原因となっているという。

マルウェアの目的は本質的に多目的になるとSchultz氏は指摘する。金融機関や重要なインフラストラクチャー(テレコミニケーションなど)をターゲットにしている場合は、財務的利益や混乱を招く可能性があると同氏は述べている。アジア太平洋地域の政府を対象としている場合、競争上の優位性を得るために政府内の情報を収集することが目的だと指摘した。

同氏は、反体制派や領有権の争いが地域内で行われていることを指摘し、北京で米政府当局が発言する前など、重要な出来事の前に情報を入手するためにマルウェアを公開する可能性があるとシュルツ氏は説明した。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン