富士通、共同モバイルベンチャーで東芝のシェアを買収

富士通と東芝は、携帯電話を地元通信事業者に開発して販売するモバイルジョイントベンチャーを終了した。前者は19.9%の株式を買収した。

富士通の月曜日のプレスリリースによると、2010年に富士通東芝モバイルコミュニケーションベンチャーが設立され、KDDIなどの携帯電話向けの携帯電話の開発および販売が開始されました。富士通はベンチャー企業で80.1%を所有していたが、残りは東芝が所有していたという。

富士通は東芝の株式を買収して富士通モバイルコミュニケーションズに社名変更し、2012年4月1日に完全子会社化しました。新ビジネスユニットは約300名の従業員を抱え、設計、開発、と携帯電話の販売、それは言った。

2010年6月に合弁会社が設立されたとき、両社は合併により「日本の携帯電話の第一のプロバイダー」になり、シャープをトッププロデューサに置き換えることを望んでいると語った。

月曜日、地元のライバルのパナソニックは、厳しい国内市場の条件を超え、ヨーロッパのような海外市場をターゲットにしていたとしても、北京とマレーシアへの地元の携帯電話生産をアウトソーシングすることを検討していると報告された。

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

iPhone;再販のためにiPhoneを安全に拭く方法;エンタープライズソフトウェア;甘いSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを握っている;ハードウェア; Raspberry Piは1000万回の売上を奪い、「プレミアム」バンドル、iPhone、A10 Fusion:シリコンがAppleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plus

A10 Fusion:Appleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plusを強化するシリコン