AMD、Radeon HD 6870&6850グラフィックカード発表

私たちが来るのを知らなかったのと同じではありませんが、AMDの新しいRadeon HD 6870&6850グラフィックスカードです。

Codenamed “Barts”(シンプソンの家族の黄色い髪のメンバーの後ではなく、カリブ海のSt. Barts貿易風の後)、6800シリーズはRadeon 5870シリーズの後継としてではなく、 AMDは、5850年代には歴史が似ていますが、アンプルされた性能を備えています。

6800シリーズのAMDの目標は、最高のパフォーマンス/ワット/パフォーマンス/ mm 2と最速のサブ150Wカードを市場に提供するグラフィックスカードを作成することでした。 Radeon HD 6870のMSRPは239ドル、Radeon HD 6850は179ドルで、AMDはこのトリックを打ちのめす可能性があります。

AMDは、優れたパフォーマンス/ワット/パフォーマンス/ mm 2と同様に、アンチエイリアシングモードや高品質の異方性フィルタリングなどの新しい画質機能も備えています(これはポストプロセスフィルタリング技術であるため、 Catalystアップデート経由のGPU)..

ここでは、カードの完全な仕様です。

6870

6850

共通の機能

消費電力:2.0TFLOP、コアクロック:900MHz、ストリームプロセッサ:1120、ROP:32、フレームバッファ:1GB GDDR5、メモリ幅/速度:256bit、4.2Gbps、負荷/アイドル電力:151W / 19W、電源コネクタ:デュアル6 -pin;出力:2 x DVI、2x mDP、HDMI

販売店:Radeon HD 6870 – $ 239 / Radeon HD 6850 – $ 179

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

消費電力:1.5 TFLOP、コアクロック:775MHz、ストリームプロセッサ:960、ROP:32、フレームバッファ:1GB GDDR5、メモリ幅/速度:256ビット、4.0Gbps、負荷/アイドル電力:127W / 19W、電源コネクタ: -pin;出力:2 x DVI、2 x mDP、HDMI

シェーダモデル5.0、DirectCompute 11、プログラマブルハードウェアテッセレーションユニット、高速マルチスレッド、HDRテクスチャ圧縮、オーダーに依存しない透過性

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す

OpenCLSupport; DirectCompute 11;ビデオエンコード、トランスコード、アップスケーリングの高速化

高度なポストプロセッシングとスケーリング、ダイナミックなコントラスト強調と色補正、明るい白の処理(ブルーストレッチ)、独立したビデオガンマコントロール、ダイナミックビデオレンジコントロール

ステレオスコピック3Dディスプレイ/メガネサポート、Blu-ray 3Dサポート、ステレオスコピック3Dゲーミング、サードパーティ立体3Dミドルウェアソフトウェアサポート

デュアルGPUスケーリング

HDCP内蔵デュアルリンクDVI出力、DisplayPort 1.2出力内蔵、立体3D対応内蔵HDMI 1.4a、内蔵VGA出力

追加のケーブルを必要とせずにHDMI経由で保護された高ビットレート7.1チャンネルサラウンドサウンドをサポート、AC-3、AAC、Dolby TrueHDおよびDTS Master Audioフォーマットをサポート

低電力アイドル状態のダイナミックパワーマネージメント、マルチGPU構成の超低電力状態サポート

AMD Catalyst™Control Center – ATI Radeon製品のセットアップ、構成、アクセス機能を実現するAMD Catalyst™ソフトウェア・アプリケーションおよびユーザー・インターフェース、統合グラフィックス・ディスプレイ・ドライバ – AMD Catalyst™ソフトウェアを使用したWindows 7、Windows Vista、およびWindows XP用の認定ドライバAMD Radeon™製品の高度なグラフィックス、ビデオ、および機能を使用するための他のPCプログラムおよびデバイス

プロセッサー、4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発表、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットにより強力なチップの需要が生まれる、データセンター、NVIDIA、バーチャルGPUの監視、分析、ハードウェア、AMDがZenとIntelの優位性を打ちのめす