Adobe APACが新しい上司を獲得

Paul RobsonはAdobe Asia Pacificの社長に任命され、17年後に7月1日に同社を退社するCraig Tegelの代わりになりました。

アドビのシドニー本社を拠点とし、オーストラリア、東南アジア、韓国、インド、中国での業務を引き続き監督します。

Thompson氏は、「Adobeのビジネスは過去4年間で変化し、クリエイティブクラウドとマーケティングクラウドのビジネスは世界をリードしています」と述べています。彼の信じられないほどの貢献に感謝します。

アドビの見解では、今年初めに報告された第1四半期の収益と収益は、同社の予想を上回っています。これは、1年前から405,000件のクリエイティブクラウドを追加購読し、クリエイティブビジネスで年間10億ドルの収益を達成したことに起因しています。

アドビのCEO Shantanu Narayenは、当時Creative Cloudの新機能が好評を得ていると述べています。

同氏はまた、多くのアナリストが主張しているアドビのマーケティングクラウドは、業界で最も優れていると主張している。

「われわれは大きな視点で見ると、われわれはすべてのソリューションと、製品を指すのではなく新しいソリューションを採用している人々の間で、大きな意識と良好な牽引力を見続ける」とNarayen氏は語る。

ロブソン氏はすぐに効果を発揮し、テーゲルはスムーズな移行を確実にするために彼と協力しています。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、LinuxディストリビューションであるCloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより俊敏性を約束する、Cloud、Intel、Ericssonがメディア業界にフォーカスするためにパートナーシップを拡大する、Cloud、?XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bank

オーストラリアとニュージーランドのマネージングディレクターとして2012年11月にアドビに入社しました。 Robsonは、2013年5月から、オーストラリアとニュージーランド、東南アジア、韓国の各地でAdobeのエンタープライズセールス機能をサポートしています。

アドビに入社する前は、アジア太平洋地域と日本のHPネットワーク部門の副社長兼ゼネラルマネージャーを務めました。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携