AMD ‘リッチランド’ APUの詳細が漏洩

AMDは今年後半にAシリーズトリニティプロセッサのラインナップを発表し、更新された加速処理ユニット(APU)で置き換える予定で、ハードウェアは20〜40%の性能優位性をもたらす。

「Richland」というコードネームの新しいAPUは既にOEMに出荷されていますが、AMDはこれまでのところ、新しいラインアップの構成についてはタイトになっています。しかし、中国のハイテク・サイト「Expreview」は、新しいシリコンの詳細を記した情報を掲載している。

このサイトによると、新しい「リッチランド」デスクトップAPUの範囲は、4つのクアッドコアパーツと2つのデュアルコアパーツで構成されています。

最上位には、内蔵のRadeon HD 8670DモバイルGPUを搭載したクアッドコアA10-6800Kがあり、TDPは100Wです。これは「K」部分です。つまり、ロックされていないCPU乗算器とGPUストリームが付属し、極端なオーバークロックが解除されます。

:次のノートブック:Retinaディスプレイ付き15インチMacBook Pro

次に、Radeon HD 8570D統合グラフィックスを搭載したクアッドコアA8-6600Kがあります。また、TDPは100Wで、オーバークロックを容易にするためのロックされていない乗算器も備えています。

また、A10-6700とA8-6500と呼ばれる2つの65W TDPクアッドコア・バリエーションも詳細に説明されています。 A10-6700にはRadeon HD 8670D GPU、A8-6500にはより控えめなRadeon HD 8570D GPUが搭載されています。どちらも低消費電力を維持するために低クロック速度を提供し、ロックされた「非K」設計です。

最後に、TDP 65WのデュアルコアAPUが1組あります。これは、Radeon HD 8470D統合グラフィックスを使用したロック解除されたA6-6400Kと、Radeon HD 8430D統合グラフィックスを搭載したロックされたA4-6300です。

iPhone;再販のためにiPhoneを安全に拭く方法;エンタープライズソフトウェア;甘いSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを握っている;ハードウェア; Raspberry Piは1000万回の売上を奪い、「プレミアム」バンドル、iPhone、A10 Fusion:シリコンがAppleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plus

クロック速度や価格に関する情報はありませんでした。

「Richland」APUは、更新されたTrinityアーキテクチャに基づいており、同じ32ナノメートルプロセスとPiledriver CPUアーキテクチャを使用して構築されています。しかし、Radeon HD 8000シリーズGPUの更新、DDR3-2133MHzデュアルチャネルメモリコントローラの高速化により、クロック速度が向上し、トリニティ製品とは異なります。

「Richland」シリコンを搭載したPCは、今年の第2四半期に登場する予定です。

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

A10 Fusion:Appleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plusを強化するシリコン