北京でブロードバンド速度をアップグレードする中国聯通

China Unicomは、2013年5月17日から、ローエンドのパッケージを段階的に廃止することにより、北京でのブロードバンド速度の向上を開始すると発表しました。

TechWebは木曜日に、中国の通信会社の北京子会社が速度を上げ、都市で最も遅い接続を4Mbpsにする計画を発表した。しかし、中国の他の都市でも同様の取り組みを発表していない。

China Unicomによると、512 kbpsまたは1 M​​bps接続速度の北京ユーザーは4 Mbpsに、2 Mbps接続のユーザーは10 Mbpsに、4または8 Mbpsのユーザーは20 Mbpsにそれぞれ上げられます。

また、光ファイバーの顧客は最大100Mbpsの速度を得ることができますが、今年末までに512kbpsの最低速度(現在は12%のユーザー)のパッケージが停止されます。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは何十年にもわたって考えることができます

この動きは、中国の産業情報省の目標である中国のブロードバンドユーザーの75%が今年から4Mbps以上の接続で2012年の目標である50%から増加したことに対応している。

先月Qihoo 360の報告によれば、中国の全国平均バンド幅は3.14Mbpsに達している。中国の平均インターネット帯域幅は3.5Mbps、上海と台湾、4.7Mbps、マカオは4.32Mbps、江蘇は3.93Mbpsで5位にとどまったという。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、