ミャンマーテレコムライセンスの航空券入札

インドの通信大手Bharti Airtelは、ミャンマーで既にバングラデシュとスリランカで事業を展開しているアジアでのプレゼンスを拡大するライセンス契約を締結した。

ミャンマーが何十年にもわたって軍事的ルールを守って通信ネットワークを拡大しようとしているため、Airtelは最新の外国の通信事業者であり、未開拓の可能性へのアクセスを可能にする新しい許可を得ることを望んでいる。

Airtelは、少なくとも4つの他の企業に参加しています。先週の金曜日のブルームバーグ報告によると、東南アジア最大の通信会社であるシンガポール・テレコミュニケーションズ(シンガポール)、テマセク・ホールディングスのユニットであるシンガポールのSTテレメディア、市場価値によるマレーシア最大の携帯電話事業者アクシアタ、ノルウェーのテレノーは、 。 SingTelはAirtelの株式の30%を所有している。

ミャンマーは今月、外国通信事業者に1月25日までに入札を提出し、2つのライセンスを提供し、2016年までに電気通信範囲を80%まで拡大することを呼びかけた。これらのライセンスは6月までに発行され、更新オプション付きの年。

ヒンズー・ビジネス・ラインの報道によると、ミャンマーは、同社がアジアで行っている地理的範囲を考慮すると、Airtelの論理的な動きだったという。その入札はまた、地域の中国のキャリアの成長の影響について懸念してインドの政府機関に応援をもたらすかもしれません。

それ以前にミャンマーに外国の通信事業者を許可していないことは、チャレンジング、インドの通信会社およびその他の入札者にとっては難しいことです。しかし、Airtelは、過去15年間にインドで使用してきた低コストのビジネスモデルを再現することができる、と同報告書は指摘している。

外国の通信事業者は、ミャンマーの急速な電気通信市場の未開拓の、高い成長の可能性に惹かれている。ブルームバーグによると、ミャンマー政府は2012年12月時点で544万人の携帯電話加入者を抱え、カンボジアの70%、ラオスの87%、タイの100%以上の普及率を示している。同国の固定回線普及率は約1%だという。

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

通信事業者、テルストラ、エリクソン、クアルコム、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、安価なデータと無料の音声でインドのテレコムを揺るがすNBN、NBNがオーストラリアをリーダー的立場に置く。サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす

NBNはオーストラリアを「指導的地位」に置く:Bill Morrow

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力