企業は仮想環境でのデータ損失を予期しない

ほとんどの組織では、仮想化された環境にデータを格納するとデータ損失のリスクはほとんどありませんが、実際には40%がデータ損失を経験しています。

データ回復ベンダーであるKroll Ontrackの調査によると、回答者の80%が仮想環境にデータを格納する際にデータが損失するリスクを軽減すると考えていたと回答していませんでした。しかし、ストレージを仮想化した企業の40%が過去1年間にデータの損失を経験していました。

この調査では8月に724人のITプロフェッショナルが投票し、うち223人がサンフランシスコで開催されたVMworldカンファレンスで調査を行いました。回答者の中には、EMEAから466人、アジア太平洋地域から35人がオンラインで回答した。

回答者の約84%がストレージ仮想化を利用しており、ほぼ3分の1が75%または完全仮想化ストレージ環境を導入しています。このような環境の40%は過去1年間で少なくとも1件のデータ損失を経験しましたが、この数字は2011年同様に65%を下回っています。

実際には、ストレージの仮想化がデータ損失のリスクを低減したと回答したのは52%でした。 Kroll Ontrackのデータ復旧作業のマネージャーであるJeff Pedersonは、次のように述べています。「バーチャルな環境は本質的に安全であるか、他のストレージ媒体よりもデータ損失の危険性が低いと誤っています。削除された仮想マシン、内部仮想ディスクの破損、RAID、その他のストレージおよびサーバハードウェアの障害、仮想化ストレージシステム内に含まれるファイルの削除または破損など、

Pedersonは、仮想環境に格納されているボリュームは、単一の物理サーバーまたはストレージデバイスに格納されているボリュームよりもはるかに大きいため、このような環境でのデータ損失はより深刻になる可能性があると警告しました。

この調査によると、回答者の33%のみが失われたデータを完全に回復することができ、54%がそうすることができた2011年の調査結果より21%低いことがわかりました。残りの67%は、直近の事故ですべてのデータ損失を回復できなかったことを明らかにしました。 43%の企業がデータを再構築し、4%がデータ復旧ベンダーを雇用した。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン