Clise、シアトルの高層データセンターを提案

既存の駐車場を専用の12階建てのデータセンターに変えたいと考えているClise PropertiesとGraphite Design Groupは、シアトルの設計審査委員会からの提案された施設からの対応を待っています。

8階のデータホールでは、この建物の熱源としてIT負荷によって発生した廃熱と、開発されている隣接する他の特性を使用するための提案が含まれています。この熱は、データセンターの塔や他の地元の建物での強制空気加熱として使用されます。 Cliseはこれを経験しており、シアトルのウェスティン・ビルディングにAmazonのデータセンターを収容しているプロパティの開発者であり、4ブロックの複合施設に熱を供給するために発生する廃熱を使用しています。

提案された施設を見てみると、上位8階がデータホールに専用され、UPSシステムと発電機は直接床下に設置されます。地下には専用のデータ保管庫フロア、タワーの底に駐車場と貯蔵タンク施設があります。

エレベーターを必要とせずに貯蔵タンクにアクセスできるようにすることで、長期停電が発生した場合でも設備をディーゼル燃料で容易に補充することができます。ハリケーン・サンディの起きた。燃料タンクを貯蔵タンクに直接運ぶことができることは、発電機が置かれている床にディーゼル燃料を運ぶためにバケット旅団を運ぶよりはるかに良い選択肢であることは確かです。

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合