AMD:最高経営責任者(CEO)を最優先課題と位置づけ、タイムラインは

AMDの第2四半期の業績報告は、チップメーカがいつCEOを探すかという大きな疑問がある。

同社は現在、CEOなしで8ヶ月近く歩いている。 1月には、AMDのCEO Dirk Meyerが辞任した。 CFO Thomas Seifertは今年CEOを務めています。現在の経営陣は目標を達成し、新製品を提供しているが、ある時点でリーダーを必要としている。

AMDのゼネラルカウンシル、ハリー・ウォリン氏によると、「新しいCEOの捜索が最優先事項である」しかし、AMDはいかなる期限までもローミングするつもりはない。 「ボードは、インタビューされた候補者の質に満足しており、堅牢で積極的なプロセスに自信があります」とAMDの第2四半期決算説明会でウォーリン氏は述べています。 「タイムラインを満たすことが検索の原動力ではないことを強調する機会を与えたいと思っています。

AMDは、売上高が前年同期比5%減の15億7400万ドルで、6,100万ドル(1株当たり8セント)の利益を計上した。非GAAPベースの利益は9セントでした。ウォール街は、15億7,600万ドルの収益で8セントのシェアを目指していた。

Seifertは同社のFusion Accelerated Processor Unit(APU)と、AcerとMSIによるタブレット市場でのAMDの取り組みを宣伝しました。同社は第3四半期の売上高が第2四半期から約10%増加すると予想している。その見通しは期待通りです。

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

プロセッサー、4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発表、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットにより強力なチップの需要が生まれる、データセンター、NVIDIA、バーチャルGPUの監視、分析、ハードウェア、AMDがZenとIntelの優位性を打ちのめす

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す