中国、マイクロソフトの反トラスト調査でより多くの情報を要求

中国の国家商務管理局(SAIC)は、同社に関わる独占禁止法の一環として、マイクロソフトからより多くの情報を要求している。

中国政府機関は、1月5日のSAICの声明で、2014年に開始された調査の一部として受け取った情報の一部をマイクロソフトに説明するよう求めていると語った。

マイクロソフトのスポークスパーソンは、中国の法律を遵守することに真剣であり、SAICの質問や懸念に対処することを約束している」と語った。マイクロソフトはこの事件についてはこれ以上コメントしていない。

ニューヨーク・タイムズ紙は、SAICが、以前の調査で収集した不特定の電子データに関するマイクロソフトの新たな独占禁止法の調査を開始すると述べたと報じた。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場を告げると語った; Windows 10; Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する;モビリティ;より長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

中国は、Windows 8を新しいコンピュータにインストールすることを禁止している。マイクロソフトはウェブサイトに、その決定に驚いたと伝えている。

タイムズ紙とウォールストリートジャーナル紙の報道によると、中国の最近の独占禁止法は、クアルコム、フォルクスワーゲン、クライスラーなど数々の企業を招き、違反の罰金を払っている。

中国の規制当局に対するマイクロソフトの当初の問題は、計画通りにWindows XPのサポートや更新を終了するという中国の決定につながり、中国政府に排除を望んではいないという報告もある。中国政府は、マイクロソフトの行動に関する独占禁止法の懸念が、互換性、ソフトウェアのバンドル、およびドキュメント認証に関する問題に集中していると述べた。

マイクロソフトは最近、中国におけるWindowsの市場シェアを拡大​​しようと数々の動きを見せている。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を見出した

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surfaceが長く続く

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます