モバイルワーカーの成長をリードするAPAC

日本を除くアジア太平洋地域では、中国とインドの新興市場を背景に、2015年には世界的に13億人に達すると予測されるモバイルワーカーの数が最も増加するとIDCは述べています。

調査会社は、2010年の10億人から13億人に増えた13億人の世界的なモバイル労働者の人口が、3年後の全労働力の37.2%を占めると発表した。また、アジア太平洋地域では全地域のモバイルワーカー数が最大に増加し、2010年の601.7百万人から5年間で838.7万人に膨らんでいる。

IDCは、「この成長の多くは、中国とインドの人口の規模が大きいことと、両国の強力な経済拡大との相乗効果によるものだ」と説明した。

これに比べて、米国、カナダ、中南米を含む米州地域では、2010年の182.5百万人から2015年の212.1百万人に増加すると報告されている。しかし、景気の回復が長期化し、失業率が上昇するため、成長率が低下するとの見通しを示した。

米国、カナダ、中南米を含む米州地域では、2010年の182.5百万人から2015年には212.1百万人に増加すると見られます。北米では、この地域のモバイルワーカー数が75人2010年に労働力のモバイルの%。

IDCのモバイルエンタープライズリサーチプログラムのシニアリサーチアナリスト、ステイシー・クローク氏は、「最近の市場の混乱にもかかわらず、グローバルな従業員にとってモビリティは依然として重要な部分を占めており、モバイルワーカーの数が堅調に伸びると期待している。

GoDaddyがWordPress管理ツールManageWPを購入

ビデオ:有名なテクノロジー起業家の3つの貴重なヒント

SMB、WordPress管理ツールManageWP、SMB、ビデオ:有名なテクノロジー起業家の3つの貴重なヒント、SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、Windows用のMicrosoftの新しいビジネスモデル10:

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い