シスコ、独自のPower over Ethernet標準を発表

シスコは、最新の無線アクセスポイントをサポートする独自の標準を開発したと同社は発表している。

802.11nドラフト用に設計された最新のワイヤレスアクセスポイントは、現在のスイッチング装置を使用して効率的に給電することはできません。 802.11nベースの装置は、最大300Mbpsのスループットを提供するため、企業にとって魅力的なものになる可能性があります。

アクセスポイントは伝統的に幹線で接続されていましたが、多くの新しい設備は「PoE(Power over Ethernet)」として知られている技術を使ってLAN経由で給電されています。

PoEは、15.4W未満を使用するデバイスのみをサポートします。これには古いアクセスポイントが含まれますが、効果的に動作するには、802.11nベースのアクセスポイントに18.5Wが必要です。 802.11nアクセスポイントに電力を供給したい企業は、2つの無線のうちの1つを無効にしなければならず、スループットが低下するか、2つのスイッチポートまたは別個のパワーインジェクタを使用する必要があります。

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート

しかし、シスコはLAN上で18.5Wを供給することでこれらの問題を克服したと主張しています。電力は、データを運ばない予備の銅のペアで運ばれます。

シスコは、PoE技術を標準化するためのグローバルな取り組みを担当するIEEEのPoE標準化団体のメンバーですが、この開発は個別に行われています。

シスコの単独の取り組みは、その技術の歴史を反映しています。シスコは当初、インラインパワーと呼ばれる独自のPoE標準を開発し、競合他社製品に標準装備したPoEを採用しました。

IEEEはPoE Plusと呼ばれる別の高速規格を開発しており、PoE Plusは約30Wをサポートし、約12ヶ月後に完成する予定です。シスコは、IEEEのPoE Plusの議論に携わっていると語った。

同社は独自のハイパワー技術を開発したとしており、独自の802.11nベースのアクセスポイントをリリースしたため、「拡張PoE」という名称を付けている。 Aironet 1250は2007年9月にリリースされました。

「802.11n規格はすでに完成しているため、顧客がスイッチング機能を利用できるようにする必要がありました。」シスコのアクセスルーティングおよびスイッチング部門のシニアマーケティングディレクター、Inbar Lasser-Raab氏は次のように述べています。

Lasser-Raabは、より高い消費電力によってデータに干渉が生じないと主張している。

Enhanced PoEは現在のCatalyst 3750および3560スイッチに搭載されており、今年半ばからCatalyst 6500および4500スイッチに搭載される予定です。

現在、これらのスイッチを所有している企業は、ソフトウェアのアップグレードによって無料で機能をインストールできます。

シスコはPoE機能も2960スイッチに組み込んでいますが、この機能は大幅な価格プレミアムを招きます。

8ポートのPoEポートを備えた24ポート2960の価格は1,795ドルですが、24ポートのPoEポートを備えた同じスイッチは2,995ドルです。拡張PoEは現在2960で利用できません。

シスコでは、他のスイッチでLAN経由で電源を供給できる小型のスイッチも導入しています。 2960 PDスイッチは、主電源が供給されていない地域での展開を目的としています。それには8つのポートがあり、そのうちの1つはサポートスイッチから電力を取り込むために放棄されなければならない。それは795ドルで販売されます。

Lasser-Raabは、PoE展開の場合と同様に、電源障害によるネットワークのダウンを避けるため、すべての冗長オプションを考慮する必要があると推奨しています。

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。